副業として風俗で働くならば本業を辞めることも検討しよう

風俗で働いていて一番怖いことと言ったら「顔ばれ」ではないでしょうか。
お店側もその辺は配慮していて、お店のホームページに写真を掲載するときにはモザイクをかけてくれます。
とは言っても実際に接客するときになったら、顔を隠すわけにはいかないためとかく顔ばれをしないための対策を考えなければなりません。

兼業している人は死活問題

特に、本業の仕事を持ちながらも副業として風俗の仕事をしている方にとってみたら死活問題です。
もしも本業の勤め先の男性が、風俗店にお客様としていらっしゃったらそれはそれは大変なことといえるでしょう。
後々「君は風俗で働いているんだ」などと言われ、たかられたり揺すられたりする可能性は否定できないからです。

いっそのこと本業を辞めてしまう

そんなことを気にしながら仕事をすることは決して精神衛生上健全とはいえません。
ならばいっそのこと本業を辞めてしまってみてはいかがでしょうか。
今では本業を必ず続けなければならないという決まりと言いますか、社会的な概念は崩壊していますからやめてしまったってかまわないわけです。

もしかしたら本業よりも儲かるかも

下手をすれば、風俗で得られる報酬の方が本業よりも遙かに儲かるかも知れません。
いろいろな仕事を見てみても、簡単に誰でも勤められてしかもたくさんのお金を稼げる仕事というのは風俗くらいしか考えつきません。
本業よりも儲かるならば、本業を続ける意味など無いのです。

大きな決断を要する

仕事を辞めると言うことは誰にとっても大きな決断を要します。
しかし、転職があなたの人生を豊かにすることもありますし実際の所やめてみなければ話は始まらないと言うことこともあるのですよ。

関連する記事